ふたり時間。

昨日はなんだか森に行きたくて、いつもの延命の森に娘を誘った。

「いいよー!」

 

今日はいつもと違うとこから登ってみることに。

頂いた回転まんじゅうと大きな苺とお茶を持って、ピクニック。

目指すは貯水タンクの上の展望台。

 

長〜い階段。

「降りたことはあるけど、のぼことはないね。ゆっくり行こうか」

娘は「うわぁー!長かねー!」とひとこと。

ぐんぐん登る。

大人でも息が切れそう。

こないだ階段から落ちて大怪我したばかりだけど、階段に対しての恐怖感はないらしい。

でも、危ないよね、慎重にね。の気持ちはあるらしく、時々手すりにつかまる。

振り返って、「はぁー!にこ頑張ったー!!」に大笑い。

この階段の上には、戦没者の慰霊塔がある。

娘は「あ!ってするところ(手を合わせることを娘は“あ!”と言う)やん!」と自ら手を合わせていた。

ここは2回くらいしか来たことないのに、覚えてたんだねー。

私も手を合わせ、また進む。

「トイレ行きたくなったな。にこも今のうちに行っとく?」

と、上にはトイレがないのでトイレ休憩。

 

小学校が卒業式で休みなのか、小学生がお母さんと滑り台のところに来ていて、娘はここで苺を食べると言い出した。

「えー。母ちゃん、上の展望台で食べようと思ったのになぁー」

「よかよか。ここがいいよ」

と、娘になだめられ、早々に苺を頬張る娘にまた大笑い。

おまんじゅうを食べお茶も飲み、満足げな娘。

食べてる途中で小学生の女の子がいなくなって寂しそう。

隣接してる動物園のいろいろな音がする。

「あー、にこ、動物園に行きたくなったなぁー」

3日前に行ったばかりの動物園。

お母さん新聞を配りがてら、必ず月に1回以上は行く。

今月はもう2回行ってる。

私たちは動物たちを、動物の名前じゃなくて、個体の名前で呼ぶ。

ポンちゃんとか、ガブとか、あさひとか、リラちゃんとか、ホワイティとか、プリンちゃんとか、何度もいくので覚えてしまった。

今度、年間パスをゲットしよう。

 

「今日は行かないよ。まだ上まで登ってないし、母ちゃんの目的は果たしてないしー!」

「イヤー!!」と、手を引っ張り、何とか動物園に行かせようとする娘。

「あ、母ちゃんが一回だけよ!って言うと思っとるやろ!今日は言わんよー」と、バシッと言う。

でも、眠い時の理不尽な支離滅裂なグズリではないので、話は聞いてるみたい。

「動物園におるのだけが動物じゃないよー。虫さんもいっぱいおるし、鳥さんもおるし、カタツムリさんもおるかもしれんよ」

まだ寒いからカタツムリはまだいないか。午後から雨予報だけどな…と内心思ったけど(笑)

「……。うん!動物園探しに行こー!!!」とスイッチを切り替えてくれた娘。

テコでも動かない頑固な娘を動かしたことに、心でガッツポーズ。

 

いつもの道を、私の前をぐんぐん登る。

「にこ、お姉ちゃんやけん、いっぱい歩けるよ」

 

4月から幼稚園に入園する。

その日がどんどん迫っている。

私だけじゃなくて、娘も感じてるんだろうなぁー。

期待と不安。

“お姉ちゃん”と“赤ちゃん”を繰り返していた最近の娘も、この日は完全に“お姉ちゃん”を意識してるみたいだった。

着替えも自分で選んで、全部自分で着る。

靴も選んで自分で履く。

トイレもひとりで行ける。

歯磨きも、完璧に出来てると思ってるから、仕上げを嫌がるほど。

お風呂もひとりで頭も体も全部洗える。

赤ちゃんの頃からシャワーも頭からかけても平気。

ドライヤーはまだ下手くそだけど。

何でもひと通り出来るようになった。

幼稚園に行っても、さぞ楽しかろう。

娘なら、きっと先生やお友達との生活もすぐ慣れる。

 

気づいた。

最近、こんなにゆったりしたふたり時間なかったかもなぁー。

だから、娘もぐずらないのかなー。

しっかり、“お姉ちゃん”を見せてくれるのかなー。

赤ちゃんでも、お姉ちゃんでも、どんな娘もかわいいに違いないのだけど、「お姉ちゃんやけん!」と言う、キリッとした表情はたまらない。

成長を嬉しく、頼もしく思う。

 

あと3週間で入園式。

あと僅かな赤ちゃんとお姉ちゃんの狭間の、この時期にしか感じない期待と不安をいっぱい抱きしめて、ふたり時間を味わい尽くそう。

そう感じた1日でした。

 

帰りに子供服のお店の幼稚園準備のコーナーへ。

お目当ての水筒を買って、家に着くなり水を入れてコップに注いで飲みまくる娘がいました。

新しい季節!!

嬉しいねー(*^^*)

 

※アイキャッチの写真は、夜のお味噌汁を作ってくれた写真です。

ABOUTこの記事をかいた人

齊木聖子

25歳で夜間託児所を開業、10年セカンドママやったのち電撃結婚、出産して念願のファーストママになりました。 セカンドママ業にも限界があると感じる昨今。 違う形で、私の活かし方を考えています。 プロフ写真は娘が撮ってくれました☆