元気をもらったこと

昨日は公民館に社会見学に来る小学3年生に、コーラスの練習風景を見てもらうという日。

指導者が公民館から連絡を受け、一曲は一緒に歌おうということになった。

そこで「ふるさと」という曲の提案がなされ、私達世代は「うさぎおいし・・・」を思い浮かべる。

が、3年生は嵐の「ふるさと」が学校でも歌う曲になっているらしいということ。

幸い、過去に市民祭で歌ったことがあるけれどその時に歌った初版は「夕暮れ迫る空に・・・」の歌詞だったが、今は「朝焼け色の空に・・・」となったそうな。

そこで急遽、後者の練習を見学の1時間前にやり10時を待った。

ぞろぞろと可愛い3年生3クラスが先生に引率されてやって来た。

「会えてよかったね」をうたった後、さあ今から・・・と朝焼けの歌詞を知ってるかな?と聞けば

「夕暮れ・・・」の方だとわかって慌てて楽譜の差し替え。

そして子ども達の元気な声を聞きながら、みんなが笑顔になって癒されたのは私達。

帰りに一人ひとりの子どもたちとハイタッチ。

すると子ども達の様子が不思議と感じられることに気がついた。

イキイキとしている子、声までかけてくる子。

それとは対照的に弱弱しいハイタッチの子、笑顔はないけれど何かが伝わる子・・・

後で公民館の人が知らせてくれた。

「子ども達が一緒に歌えて楽しかった」と言ってくれたことを。

2 件のコメント

  • 嵐のふるさと・・・
    みっこさん歌えるの?

    私は、聞いたこともない。
    いや、どっかで聞いているのかも。

    おばちゃんたちとのハイタッチ。
    きっと、みっこさんたちだけでなく、子どもたちも何かを感じていると思います。

    素敵な出会いでしたね。

    歌を通じて、心がひとつになる。

    素敵なことです。

    今度、はじめての日も、歌ってください。

  • 今のコーラスグループは自分たちの高齢化とともに老人施設ボランティアに傾いています。
    そこでは昔の唱歌中心に歌うと歌謡曲や演歌を要望されるようになりました。
    だから小学生の声を久しぶりに聞いて元気が出ました。
    嵐が数年前に紅白で2度ほど歌い、初めて嵐の歌を歌った曲でした。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    池田美智子

    読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。