相次ぐ虐待事件に思う。「お母さん業界新聞」と「はじめての日」にできること

5歳の結愛ちゃんが書いた

「おねがいゆるして」の文章に胸がしめつけられます。

虐待のニュースが当たり前になっている異常を
誰もが感じているはずです。

今こそ、一人でも多くの人に
「お母さん業界新聞」を届けたい。

そして、この歌を知ってもらいたい。
「はじめての日~お母さんの笑顔のために」。
https://www.youtube.com/watch?v=ec2m4fnBv8I

心からそう思います。

3 件のコメント

  • 私も息子と同じ年なのでなんで?のおもいながら、どうして。遊んでばかりでごめんなさいって所が私は、引っ掛かりました。またまた遊びたい年頃なのにと、思った、市の対応もどうにかならなかったのが、思う気持ち。

  • 大人が本気を出してたら、絶対に助けることができたいのち!!

    うちの子も5歳。結愛ちゃんのことを思うと胸が締め付けられる。
    きっと天国で沢山の人に「良く頑張ったね。」って賞賛されているって思いたい。

    虐待されている子どもと親を引き離すだけでは、この問題は解決しない。
    大人の心の闇をどうにかしないと。

    子どもを助けるためには、ママが幸せにならないとだね。
    本当のしあわせは、子ども達が教えてくれている。
    その声をちゃんと聞けるよう、子ども達からの学びを活かせるように、ママ同士で繋がって、助け合っていけるようにしたいね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集部 青柳 真美

    お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。