母の野望~夏休みのランチ~

今日は来月号のエリア版、本部原稿締切の日。

一昨日からパソコン前で「う~ん、う~~ん」とうなっている私を
お盆休みの子どもたちが横眼に見ている。

「う~ん」と悩ます一つは、昼食の食事。
一昨日、昨日はメニューを決めてあったので
サクっと作って出せたが、今日は全然決まってない!
・・・原稿で頭いっぱいで、そこまで考えられない・・・(笑)

お昼前にキッチンに立って、
「さて、どうしたものか?」
とあたりを見回すと、あるのは固~~くなったフランスパン。

「フレンチトーストにでもするか!」
と思ったものの、牛乳がない。。。
これは買い出しも含め、子どもたちに任せよう!と提案。

まだ宿題に手を出さずにいた子どもたちも
「作る~~」
と快諾してくれて、ラッキー♪
あとは託してみた。

そしてなぜか息子は「肉巻きおにぎりが食べたい」と言い
急遽挑戦!

動画をチェックして作りに入る姉と
想像で作り始める弟。
そして成功する姉と、失敗する弟(笑)

楽ちんなのは、息子のサポートを娘がしてくれること。
私が出る幕がほぼない。

でも、二人が作ったものはどちらも美味しくて最高!
子どもたちも嬉しそう。
なんだか母感涙。

大変、大変と言っている私が作るよりも、
ずっと美味しく楽しく出来るなら、
また夏休み中のお昼を作ってもらおう!

そんな野望(ズボラ)を抱く母なのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。