まだまだそばに

なんだか最近、わたしの動きを阻むモノがある。

それは、8歳になる一人娘の手や足。

その手や足、わたしが家事などをし始めようと立とうとすると、かるーくだけど確実にわたしに乗ってきて、立てないようにしてくるのです。

ちょっと邪魔しないでと言いたいところだけど、いや、言っちゃってるけど、わたしの中の母心は気付いてる。

小さい頃はやたらとくっついて過ごしていたのに、最近の母は用件(宿題やった?明日の準備は?などなど)を確認したらさっさと自分のことばかりするようになってるものね。きっとそれにちょっと抵抗してるんだね。

なにもしないでもまだまだそばに座っていてほしいお年頃ということか。

つかずはなれず、いいバランスを求められるだろうけど、しばらくはそっとそばに座る時間を増やしてみようかな。

14 件のコメント

  • うんうん、賛成!
    もう9歳なのね。
    おうちの中と外(友だちの前)で
    いろんな顔を持ってきますもんね。
    甘えてもらってね。

    金剛山イベントの時のかわいい写真が出てきました。
    当時、送ってましたか?
    バタバタで忘れてたかも

    • あ、まだ8歳でした(^^;)訂正します。ごめんなさい。
      そうなんです。外と中の顔が違ってきました。金剛山の頃は外も中も同じでしたね。私も写真の記憶が薄いですが手元にある気がします。宇賀家で時々思い出していただけると幸せです。
      ところで宇賀さん、アイキャッチ写真がなぜ大きくなるかわかります?

        • 思い出してますよ~
          ついでにうちの車にお忘れになった
          カバンの画像までありました(笑)
          いつか、アップしようかしら。ふふ。

          画像の編集はわかりにくいですよね。
          私はスマホから下書きして
          後からパソコンで画像編集したりします。

          • かばん、カバン、鞄。
            記憶の扉が半開きにしかなりません(^^;)
            私のかばんでしたっけ?みーちゃんのでしたっけ?私、みーちゃんだけだっこして満足して降りたんでしたっけ?思い出すのが怖いです(笑)
            それにしても宇賀さん記憶力すごいですね!!

            私は専らスマホからになります。がんばります。

  • >しばらくはそっとそばに座る時間を増やしてみようかな。

    お母さんは大変だとは思いますが それっていいと思います

    今はわからないと思いますが、子どもの成長はあっという間です

    中学 高校になれば こちらが頼んでもよってきませんよ(笑)

    お子さんとの今しかない時を大切にね

  • 村松さん
    無邪気に甘えていた幼児から
    こっそりと抵抗する少女の時期に
    突入してきたのですね。
    まだまだ小さかった頃の姿しか
    想像できませんが、
    あ〜時が経ったんだなとしみじみ思った
    横浜のオババの一人です。

  • 松村さんはこのお母さん大学の中で、子どもの気持ちをキャッチできるお母さんに成長されたんだなと思いました。

    私は折に触れ皆さんに伝えたかったことは
    「つのつく年齢がいろんな面で修復しやすい関係です」ということです。
    つまり9歳まで。
    子どもは甘えたいという心境を色々と発信してくるのがこの年頃までかな。

    • 池田さんってどなただろうと思っていたら、みっこさんだったんですね。ご無沙汰しています。
      子どもは、つのつく年齢が肝なんですね。それまでにどんな母娘の関係を築くか、心に留めておきます。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    松村宏美

    長野県松本市に住んでいる、小3女子のお母さんです。 生まれも育ちも大阪ですが、結婚を機に横浜に9年住み、今は転勤で来た松本に住んで5年目になりました。 のんびりマイペース、そしてちょっと慎重な性格ですが、お母さん大学を知ってから入学するまでは早かったです。これからもたくさんの仲間が増えますように♡