静かなヒトトキ

娘と、なんとなくの行き先だけ決めて出た日。
遊具が何にもない近所の広場。
この日はグランドゴルフの先輩方はいなかった。

貸し切りの広場で、遊ぶものも持っていなかったけど、いろんな色の葉っぱを探して、葉っぱの茎部分で頑張れば絵が描けて、ちょっと追いかけっこして。
ほんの数十分だけどのんびり遊べた。↑近所でも霜柱を踏めるなんて♪

こんな時間を、私はおばあちゃんになった頃、懐かしく思い出せたらいいな。
たまには怒らずいられる母なのでした。

※絵は顔は私、お洋服は娘作。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約3年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長です。 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師(NPO法人「絵本で子育て」センター)です。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!