子どもとPG12

「まさかあんな映画だとは思ってなかった」と
あるお母さんがおばあちゃんに話している

そうこれは私が映画「ユリゴコロ」観終わった後の
劇場ロビーでの会話だった

多分このお母さんは知らなかったのだろう
この映画が「PG12」だと言うことを

わたしはこの作品を観るため座席に座っていると
小学校低学年から中学年らしい女の子を連れた
お母さんとおばあちゃんの姿が目に留まった

一瞬 お嬢ちゃんこの映画大丈夫?と心配になったが
残念ながら私の思う通りになった

物語が始まって 
ショッキングなシーンの連続が始まった途端
女の子が泣き出して
座っているママに抱き着いていた

その後落ち着いたようだが
最後までスクリーンに引き込まれながら
お嬢ちゃんのことも気になった

先ほどから話している「pG12」
これは保護者同伴なら子どもも観てもよいという作品だ
劇場の作品の公開時間や映画のサイトにも
このような作品には表示されている

このような表記の作品は暴力や残虐なシーンが
含まれているので、私はいつも覚悟を決めて
観に行くのだ(私は残虐シーンは苦手で・・・)

このPG12の指定はあいまいらしい
確かに残酷なのに
「え?これは何の指定もないの?」と言う
作品もある

他にもR15やR18など色々な規制のついた映画があるし

前出のお母さんはもしかして松坂桃李が出るので
観に行ったのかな?(あくまで私の勝手な推測だが)

お子さんと映画を観る時は
面倒でもまずPG12かそうでないかをチェックして
これなら大丈夫か そうでないか
判断したほうがいいかもしれないと

泣いた女の子の目の当たりにして思う
がっはっは母ちゃんであった

ABOUTこの記事をかいた人

尾形智子

息子2人成人して子育てちょっと ひと段落・・・と言いたいところですが いつまでたっても子どもは子ども 心配はつきません 映画や特撮 怪獣 イケメンが大好きです プロフィール写真は東京日比谷シャンテに展示されていた シン ゴジラの巨大模型です。ゴジラ大好きです!!