恋せよ 息子

昨日、初恋の人に再会した。(≧▽≦)
お互い「そうかな?」「ちがうかな?」と思っていて
思い切って声を掛けたら、やっぱりそうだった。

電車通学だった高校時代、
たまに電車で彼を見かけたときから、もう四半世紀会えていなかった。
それでも面影でわかるあたりが、同級生っぽい。

再会に喜ぶ私たちの様子を
一緒にいた息子が、キョトンと見ていたので

「ママの小学生のときのお友達だよ。
あなたが今通っている〇〇小学校の教室で、一緒に勉強してたんだよ」

と話すと、へ~と頷いていた。

初恋の彼とは中学が別々で、文通をしていた時期もあった。
甘酸っぱい恋を経験していたあの頃。
今やすっかりオッサンとオバサンになった二人が、
そんな昔話で一時盛り上がって、別れた後

あぁ、息子は今
私が初恋を経験したあの歳と、同じ年代なんだなぁ

と思った。

息子の口から、最近はめっきり「〇〇ちゃんが好き」って言う言葉も
聞かなくなっちゃったけど(聞いても教えてくれないケド)、
あの頃の自分と息子を重ねて、

息子が今の私の歳くらいになったとき
今の自分の学生時代を懐かしく想えるような
そんな未来が来ることを、切に願った。

命短し、恋せよ息子…(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。