酷暑に思う

毎年、夏の暑さがこたえる・・・と思いながら夏が嫌いになった私は思います。
子どもの頃はとにかく夏が来るのがというより夏休みが待ち遠しかった。
7月になったら指折り数えながら、学校の行き帰り「暑いな~嫌だな~」と。
それでもプールや海に行くのは楽しみの一つだったあの頃。
コンクリート道からアスファルト道に変わりながら、まだまだ土道も結構あった子ども時代。
温度計は28度になると暑いと感じ夏を感じ、扇風機の出番。
30度になった、31、32と1度ごとに温度計を見ながら暑さの体感をしていたころ。
ある日、たまらんこの暑さは扇風機の風がぬるい…と温度計を見ると33度でした。
それは私の頭に強烈に残っていて、暑さの変動に敏感になったのは子育て期。
既にエアコンなしでは過ごせない都会のアパート生活だったのです。
ですが、まだそのころの育児は快適さだけに浸らないことが私の中にあったし、汗腺の発達のことも考えて
32度が限界ラインと決めて、子どもには汗をかかせシャワーやお風呂遊びをさせました。
夫はそんな私に「エアコンをなぜいれない」と自分が涼しくなりたいからの発言だと判断して、夫教育も同時進行。
小学校に行く頃はエアコンも扇風機もない中で、汗をいっぱいかきながらの時代に突入していました。
5月の頃に暑くてたまらない経験も強烈に覚えています。
そして私の体感も鍛えられて、33度までは扇風機34度になったらエアコンという夏が続いていました。
が、ここ数年は熱中症問題が盛んに言われるようになり啓発的になって少し軽い熱中症になった自己判断もあって
今ではエアコン生活になりました。
人間は徐々に適応していくことも経験から実感できるのですが、今の暑さは日本人の限度を超えています。
熱帯の国々が働かず発展しない・・・と昔そんなことを聞いたことがありますが、働かずではなく働けません。
そうした時に、外で働く人たちには自然に頭が下がるのです。
そして今災害で酷暑の中にあって頑張らざるを得ない人達にも頭が下がります。
ここにきてようやく、学校や体育館などにエアコン設置の必要性に目が向けられることになったのは
前進かもしれません。

8 件のコメント

  • 今年はかなり暑いなとすごく身に染みます(ーー;)うちは30度までは絶対エアコンつけない!と決めて、頑張ってます!
    豪雨と言い、温暖化の影響が出て来てるので、車の排気ガスやエアコンをみんながみんなつけたらますます地球が悪くなってしまうと心配しているこの頃です…。近辺は車使わず自転車に乗ったり、日中はエアコンつけないように、外に出る等対策とってるところです。

    • 寿枝さん
      浜辺のヨガ、写真のポーズを見て思わず私も真似をしました。
      浜辺の温度も日中ならスゴイ温度になりますよね。
      人間が便利を追求して楽しんだ分、今ではしっぺ返しを自然から受けている気がしています。
      車もエアコンも改善されていくのはまた人間の凄い事だから、そこを信じながら私達も健康を害さない注意をしながら
      酷暑に対処していきましょうね。

  • 今年は早い時期から暑くて堪えますね。。
    私は汗をかくとアトピーが悪化してしまうので、
    エアコンに頼りきりになってしまっています。

    本当に被災地の方々や外でお仕事をされている方々には…
    なんと言う言葉がしっくりくるのか分かりません。。

    小学生のころは28℃くらいで、暑い!暑い!
    30℃になっちゃう!と騒いでいたような気がします。
    クーラーもほとんどつけていなかったような。。
    そう考えると30年くらいの間にかなり気温が上がっているんですね、、

    • アトピー体質は皮膚の保湿に気を使わないといけないから夏の吹き出る汗は大敵になりますよね。
      私も子どもの頃、28度くらいの暑さの中での下校時が「嫌だな・・・」と思いながら黙りこくっていた気がします。
      私の子ども達も、小学生頃まではエアコン生活はほとんどしなかった気がします。
      でもその頃から水筒持参でお茶は忘れないようになっていましたね。(私はそんな経験はなかったです)
      夏の授業参観で親は汗だくになりながら、こんな状況では頭は働かない・・・と学校の状況を感じ始めていたことを
      思い出しますね。

  • 今年は本当に暑いですね。
    私は去年の夏、エアコン無しで頑張って過ごしていましたが、息子のあせもがひどくなり、皮膚科に通ったり一日何度かシャワーを浴びたりしても治らなかったので保健師さんに相談しました。保健師さんより、赤ちゃんにとって快適な室温はおおよそ26度〜29度くらいで、あせもの痒さは赤ちゃんにとってストレスになるので、まずは自然の風云々よりもあせもを早く治すことを優先した方が良い、と言われました。その後快適な室温を保って過ごすようにした結果、息子のあせもは治りました。
    私も子どもには汗をかいて過ごしてもらいたいのですが、健康を害するようになってしまっては本末転倒かなと思い、今年はエアコンを取り入れながら過ごしています。今の子は生まれた時からエアコンに慣れていてあまり汗をかかない、と言われているそうですが、快適さと健康を害さないように体調管理をすることと、どうバランスを取っていくか、難しいなと思って過ごしています。

    • 貴重なコメントありがとうございます!!!
      人間の心身においての日々の研究はスゴイ進歩を遂げていることを感じています。
      胎児の写真を見ることができる時代、お産の変化、生まれた赤ちゃんの皮膚対策・・・など驚きの変化です。
      赤ちゃんは快適な状態のお母さんのおなかから出てくるわけですから、いきなり過酷な環境に入れることはダメだということを
      やはり認識していく必要があります。
      そして徐々に色んな環境に耐えるためにどうするかが次のステージだということですしね。
      いつまでの母体のような快適さはダメだということでもありますから、そこは我が子を観察しながら少しずつ現実適応へ向かう
      ことを考えて行くことが大事ですね。

  • 今朝体がダル〜と思ったら、ランチに行ってそれ以外はほとんど家にいて、ずーっとエアコンつけてダラダラしてました(^^;;
    汗をかいてない!と。
    それでも、焼けた車に乗り込む時は一気に汗が吹き出たしなぁーと、汗ゼロではないかとか(笑)
    託児所では、何もつけてないと34〜35度まで上がります。
    室内の温度設定は28度にして扇風機2台回して、やっと30度まで下がります。
    ふた部屋を繋げて小さな10年以上前のエアコンが稼働してるので、たくさんの子どもたちの体温の高さでは下がらないー!
    電気代のことを考えると一日中つけっぱなしの方がいいみたいで、出る時に3時間以内に帰って来るのであれば29度くらいにして扇風機は消して出かけます。
    インコと金魚のためにもエアコンは24時間付けっ放しです。
    でも、この暑さにもめげず、今のところ冬より夏がやっぱり好きなので、子どもたちとの夏を楽しんでおります♫

  • この暑さがいつまで続くんだろうか・・・
    ついこの間豪雨で痛めつけられた人達は本当に更に痛めつけられています。
    そうそう、エアコンも起動したときに電力が大きいそうですね。
    こまめに消すより、よほど時間を空けない限りつけっぱなしの方がいいようです。
    私も寝る時にエアコンをつけ3時間のタイマーをしていたら途中で寝苦しくなりました。
    寄って今は最適温度に設定して気持ちよく目が覚めるようになりました。
    毎日、熱中症ニュースが流れています。
    やっぱりそこは本当に意識していないと危険ですね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    池田美智子

    読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。