コッソリバレないように。

娘は家にいると見たがる。

母ちゃんがそれを言われると機嫌が悪くなるから、蚊の鳴くような声でもじょもじょ話す。

「ゴニョゴニョ…ゴニョゴニョ」

「ん??なに??」

「…YouTube見たい…」

「は?YouTube見たい??」

気まずそうに、一応にっこりコクンと頷く。

 

最近は時間決めて、ちょっとの時間でもちゃんと約束を守ってくれるようになったし、私も夫もゴロゴロしていたところだったので、他の遊びに付き合う気力もなく。

「10分ね。ピロリロって鳴ったら終わりよ」

「はーい!」

こーゆー時の返事はホントに元気(笑)

 

10分なんてあっとゆーま。

ピロリロリン♪

アラームが鳴ってことなく終了!

娘もすぐに自分でアイパッドの画面を消していた。

「お!さすがやねー。」

 

で、そのまままたうとうとまどろんでいたら、目を細めると娘が何回もアイパッドのボタンを押している。

 

「ん?どうしたと?消えない?してあげようか?」

「……」

大丈夫と言わんばかりに、また同じところを連打。

 

母の勘、ピーン!!!!!

 

「あ!!音消して父ちゃんと母ちゃんが寝てる間に見ようとしたやろ!!!」

ビクッと肩がすくむ娘。

「音消すもん!!音がないので見るから!それならうるさくないやろ?」

 

ご名答〜。

 

もう、笑いしか出てこなくてケタケタ笑っていたら、娘が意地になってYouTubeをまた開いて…。

爆音!!!!!

「あ!反対やった!!」と慌てふためく娘。

もう爆笑。

 

それから、なにごともなかったかのように、また音のないYouTubeを見だした娘が、上の写真です(笑)

父もしっかり携帯でYouTube見てるのがわかります。

娘が見たいというのも致し方ない…、ゆる〜い家庭教育のわが家。

 

「あんたねー。大きくなってもこっそりバレんようにって、隠れて悪かことするとやろねー…。

こんなんかわいいもんやけど。

ホント、善悪はちゃんと自分で判断してくれよー!」

 

ルールが嫌い。

押し付けられるの嫌い。

自分を中心に世界は回ってる。

自己主張強い。

 

あー。

子どもの頃の私を思い出す。

バレないようにコッソリと。

父のを拝借して、わからないように戻すのはプロ並みだった(笑)

ホントにバレなかった。

でも、いつかバレる日が来るんよねー。

父の財布からお金をくすねるのも何度もしましたねー(笑)

 

私の場合は荒れる理由もあったにせよ。

娘もその血は引いている。

どんな悪事に手を染めるかわからんわからん。

 

今のところ、母にはすぐバレる。

バレてもそんなに怒られないほどのかわいいヤツ(笑)

でも、3歳でコレか…。

あぁー、思春期恐ろしや。

非行に走るほどのバカではないだろうが、将来私との大げんかが、目に浮かぶ〜(笑)

まぁ、今のうちに出し切っておいて、いっぱいバレて。

バレた時の罪悪感をしっかり味わって。

これは絶対ダメ。

そんな判断がしっかり出来る子に育って欲しいもんだわ。

母も父も試されるんだろうなぁー。

ため息出るけど、それはそれで何だか楽しみ♪

8 件のコメント

  • 聖子さんとにこちゃんのバトル・・・
    将来を想像して笑えます。
    親はうっとうしい存在になるのは当たり前だから、お互いうっとうしさの度合いの感度を
    感じあうことが思春期を乗り越えるのに大切かな。

  • 色々、覚えだすよね。
    親の目をかいくぐろうとする姿が、私は嬉しくもある。
    それでも叱るところは叱らなきゃいけないし、バランスが難しいけど。
    でも本当、自分で善悪の判断ができるようになってもらわなければ。

    • そうそう!私も嬉しく感じたよ☆
      嬉しいというか、ホント笑えて仕方なかったけど(笑)
      どこまで許してもらえて、どこから超えたら絶対許してもらえないのか。
      この線引きは、怒られてからしか育たないよねーと最近思う。
      怒らない育児とかあり得ん。
      ルールの線引きは叱るでいいけど、人の感情の線引きは、やっぱり“怒る”だもんね。
      こうしたら誰かが怒る=イヤな感情になるというのは、たくさんの大人や子どもたちと怒られてケンカせんと育たんよねー。
      我が子が、悪知恵を試すチャレンジャーで嬉しいよ(笑)

  • 娘さんの頭の回りの良さが際立ちますね。
    youtubeも見だすとキリがないのは大人も同じです。
    興味があるのならば 時を忘れて観るのもいいのでは。
    今のバトルが思春期に引きずる事よりも、興味を奪われることの方が問題のように感じます。
    どの道 思春期はやってきます。先の事よりも今の関心事と親の対応が大事ですね。
    普通の暮らしに普通の対応は良いのでは。大丈夫、ここに書けると言う事は、客観視できてます。

    • その時その時でいろんな難関があるのが育児ですもんね(笑)
      今のご時世、YouTubeを知らない子どもを育てるのは難しい(笑)
      自分できちんと選択出来る力を育てるしかないですね。
      いや、それすらも子どもたちは本能としてあると思います。
      それを阻害しないように、親の対応が試されますね。
      どんな選択も土台があれば間違いはないと思ってます。
      間違っても自分の道に戻って来れる子に育って欲しいです☆

  • 子どものウソも生きる力なんでしょうね。
    わかってるけど見過ごせないことも、許せることも
    たくさんあったなぁと思い出します。
    それをのぞき見させていただけてうれしい(笑)
    バトルも楽しみにさせてください♪

    • ウソ、いっぱいついてきました!
      悪いこともしました!
      それがあって今があるので、それも必要なことだったなぁーと思ってます(笑)
      うちの子も真っ向からチャレンジしてくるタイプみたいなので、バトルになりやすい(笑)
      楽しみです♪

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    齊木聖子

    25歳で夜間託児所を開業、10年セカンドママやったのち電撃結婚、出産して念願のファーストママになりました。 セカンドママ業にも限界があると感じる昨今。 違う形で、私の活かし方を考えています。 プロフ写真は娘が撮ってくれました☆