がんばる長男の成長を見守りたい

ずーっと、ばあばと寝ていた長男しょーた(小2)
最近、ママと寝たいと言うことが増えた。

年長の時にじいちゃんが亡くなってしまって、
しょーたなりに、がんばらなくちゃと思ったんだろう。
「ぼくが世話をする」と、独りになってしまったばあばを気遣ってくれていた。
私は、しょーたと一緒に居たくて、ちょっと寂しい気持ちもあった。
でも、しょーたが自分から思うその気持ちを大切にしたいと思った。

そんなしょーたが、ようやく甘えてくれるようになった。
正直、うれしい。

「長男だから、ばあばと寝なさい」と言うのが普通なのかもしれない。
でも、長男だからとかそんな言葉は絶対に吐きたくない。

やっと、弟がばあばと寝るようになったから
安心してママと寝られるようになったらしい。
私は、これも立派な成長だと思う。
しょーたの成長をうれしく思う。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。