「おしごとがんばってね」と、息子に渡されたものは

4月に仕事復帰してからというもの…
ヘトヘトの毎日。

復帰してから3日目の帰りの車で
この先が不安になって泣けてきた。

朝は7時に保育園に預けて、
帰りは夜8時くらい。

たくさんの仕事をバッグに詰めて、帰宅。

家に帰ったらお風呂に入って寝かしつけをして、
そのあとノソノソと起きてきてまた仕事。

そして、目覚まし時計よりも先に
悪夢で目がさめるという毎日を1か月過ごしてきた。

ゴールデンウィーク、やっとほっとできた。

バス停でバスを待っていると、
「おかあさん、おしごとがんばってね」と
息子から渡された草花。

この先ずっと続けられる仕事ではないかもなぁ…と
最近よく口にしていたからか。。。

息子に言われると、途端に迷う。

続けられるかな。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。