またしても子どもに教えられた「ママは忘れちゃったんだ」

年中さんの妹がもらってきたワークにむらがる小学生組の2人。

「もう、赤ちゃんじゃないんだから!!
(小さい子用のワークを取らなくてもいいじゃん)」と言うと

「ママはもう忘れちゃったんだね」と長女が一言。

どういうことか詳しく聞いてみると

☑子どもの頃の気持ちを忘れちゃっている。

☑こういう遊びながらできることがワクワクする。

☑小学生になって勉強ばかりだから、こういうのもたまにはやりたくなる。

言われて、図星。

忘れてた。

いやいや、瞬時には思い出そうとしても思い出せない気持ち。

きっと、そうだったに違いない大切な気持ち。

今も、やってみたら私も楽しいんだろうけれど、

うーん、悔しいけれど、忘れたくないけれど、

きっと、どんどんこれからも忘れちゃうだろうから。

また教えてもらって、こうやって記録しておこう。

子どもたちと私の気持ち。

(お母さん記者/

 

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。