子どもたちの社会には「恩送り」なんて言葉はいらない 自然な人の営み

昨夜、地域の集まりがあり子どもたちも一緒に出かけた。

会が長引いて眠りこけてしまった末っ子イチカ(5歳)を
長女(12歳)がおんぶして帰宅。

中1と年長さん、

7歳の差はあるものの
大人でも正直重たい・・・

長女も普段は自分のことで精一杯
あまり妹と遊んだり、お世話する光景を見る機会はない。

だからこそ、

お願いしてもないのに、スッとおんぶしてくれたことに
お姉ちゃんなんだなーとしみじみ感動。

かたや
末っ子イチカ

家では末っ子ぶりを発揮しているが
先日幼稚園の先生からうれしい報告をもらった。

幼稚園では年長さん。一番お姉ちゃんだ。

先生から
「お昼ごはんが終わった後、
いっちゃんが年少さんのハミガキのお手伝いをしてくれたんですよ。

お願いしたわけでもないので、とってもうれしくって。
先生も助かりましたー」と。

この2つの出来事を思い返していたら
「恩送り」という言葉が浮かんできた。

恩送り(おんおくり)とは、誰かから受けたを、
直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。(Wikipediaより)

子どもたちは意識せずとも自然とやってのけること。

私たちの体にも心にも意識しなくとも
しっかりと備わっている大切な力。

なんだろうな♪

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。