小学校に行って、元気をもらったこと

昨日は公民館に社会見学に来る小学3年生に、
コーラスの練習風景を見てもらうという日。

指導者が公民館から連絡を受け、
一曲は一緒に歌おうということになった。

そこで「ふるさと」という曲の提案がなされ、
私達世代は「うさぎおいし・・・」を思い浮かべる。

が、3年生は嵐の「ふるさと」が
学校でも歌う曲になっているらしいということ。

幸い、過去に市民祭で歌ったことがあるけれど
その時に歌った初版は「夕暮れ迫る空に・・・」の歌詞だったが、
今は「朝焼け色の空に・・・」となったそうな。

そこで急遽、
後者の練習を見学の1時間前にやり10時を待った。

ぞろぞろとかわいい3年生3クラスが
先生に引率されてやって来た。

「会えてよかったね」をうたった後、
さあ今から…と朝焼けの歌詞を知ってるかな?と聞けば

「夕暮れ・・・」の方だとわかって、慌てて楽譜の差し替え。

そして子どもたちの元気な声を聞きながら、
みんなが笑顔になって癒されたのは私たち。

帰りに一人ひとりの子どもたちとハイタッチ。

すると子どもたちの様子が
不思議と感じられることに気がついた。

イキイキとしている子、声までかけてくる子。

それとは対照的に、弱弱しいハイタッチの子、
笑顔はないけれど何かが伝わる子…。

後で公民館の人が知らせてくれた。
「子どもたちが一緒に歌えて楽しかった」と言ってくれたことを。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。