耳元でささやくほどうれしかった。「乗れたよ!自転車!」

従兄弟に自転車をもらってから、

練習をしたくて仕方ない次女。

何度も何度も練習をしてからの帰り道。

「ママこしょこしょ話をするから、耳を貸して」

「自転車に乗れるようになったって、先生に明日言おうね」

乗れたよ!自転車!!

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。