2歳差兄弟育児の秘訣。けんかのときこそ平等を心がける

5歳ともうすぐ3歳の兄弟育児。

やっと一緒に遊んでくれるようになってきた。
そうするとちょこちょこ勃発するけんか。

すぐに泣いて訴えてくる弟。

いっぱい我慢してるけど、
たまに私の見てないところで叩いたりしちゃう兄。

毎回その場で見てるわけではないから
2人の言い分を聞かないと大変なことに。

けんかしているときは
どちらの味方にもならずに
仲裁を心がける。

泣いているからといって
もう一人が悪者とは限らない。

特に弟はかなりの演技派。

どうしたら親の心が動くかを知ってるから
平静、平静。

叩いたり、蹴ったりはダメ!

いくら相手が悪いことをしても
叩いたり、蹴ったりはダメだよねって教える。

お兄ちゃんでしょ!は言わない。
2年早く生まれただけでそれは酷すぎるよね。

けんかのときは
私自身の対応や言動にすごく気を使う。

そうやって社会を学んでいくんだよね。

兄弟ってやっぱりいいなに落ち着く。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。