兄と妹の会話。「遊ばない」は「遊びたい」

5歳の息子は2歳の妹の言動が気に入らなかったらしく
「もう、ほんちゃんとあそばん」と言った。

娘は「いいよ」と答えた。

息子、思ってたのと違ったらしい…。

息子
「ぜったい、ほんちゃん、遊ぶって言うよ!」
「でもほんちゃんとあそば~ん」
「ほんちゃん、おれと遊ぶ」


「ううん(NO)」

息子
「でも、ぜったい、遊ぶって言うよ!」

のやりとりが繰り返されていたので、

「もうさ、遊ぶって言ってって、ほんちゃんにお願いしたら?」
とアドバイスしてみた。

すると、娘が 「あそぶ」 と一言。

その後、うれしそうに2人で遊んでおりました。

遊べてよかったね~。

それにしても、
本心じゃないことは、口にしたらいけんねぇ。
気をつけよう!

(お母さん記者/岩根直子

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。