6歳7か月の息子が、ある日、一枚の紙に書きなぐった「あいのうた」

次男たつき。6歳7か月。

ある日。
一枚の紙に、一気に書きなぐった、この詩。

【あいのうた】

この詩を書く前に、何かお遊びで、
「かえるのうた~」などと言いながら、
自作の歌の歌詞を書いていた。

それが面白くて、私は
「たっちゃん、他にも何か作って~!」と軽くお願いした。

ただ、「書いて」と頼んだだけで、
‟どんな歌を”などは、
一切私からはリクエストしていない。

すると、身体の中から溢れ出るように、
無言で、ものの2~3分で、この詩を書き上げたのだ。

まず、題名に驚いた。

「【愛】という言葉を使えるんだ!」と。

そして、詩の内容がさらに驚きだった。

6歳にして、なんて深く、
祈りにも、叫びにも似た言葉の数々なんだろう。

読み終わって、涙が出た。

私の目に、涙が浮かんでいるのを見て、
息子は恥ずかしそうに、私に背を向けた。

国籍・宗教・性別・障がい・年齢・肩書など関係なく、
みんなが笑顔で遊べる社会になったら
どんなにいいだろう。

息子の書いたこの詩のように、

【いのちがだいじ】
【せかいはひろい】
【みんなであそぼう】

そして、【みんなのいのちをなくすせんそうをやめろ】と
私たち大人がどれだけ本気で思い、
願い、行動できるだろうか。

息子の書いた言葉に感動し、学び、背筋が伸びた。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。