30年後は「イクメン」なんて死語だろう~「お父さんの背中」

つい最近まで、
お母さんでなければダメ!
だった息子に、
「お父さん大好き期」が到来中。

お風呂も、おとーさんがいい!
お出かけも、おとーさんとがいい!
着替えも、おとーさんとお揃いがいい!

なんだよなんだよ。
つい最近まで、お母さんじゃなきゃヤだって
泣いてたじゃないか。

さみしい。
とにかく。さみしい。。。
でも、いいこともあった。

お父さんは、下の息子(8か月)の、
夜寝る前のミルク担当。
(その他の担当も、山ほどあるのだけれど)

ある日、ベッドの上で授乳中、
「パンダさんにミルクあげなきゃ!」と、
上の子がパンダさんに授乳し始めた。

ご覧の通り
電車のおもちゃがミルクなんだそうで。

そのあとしっかり、横抱きでユラユラユラユラ。
寝かしつけまで、完璧だった。

お父さんの背中を見せる!って、
「強さ」のイメージがあったけれど、
そればっかりじゃないんだなぁ。

こんな背中を見ながら育った息子が、
自分の子どもを育てることになったとき。

彼の「当たり前」は、お父さんの姿に
なるかもしれない。

だとしたら、

やさしく。強く。しなやかで。
弱くて。情けない。

そんないろんな背中を見せることも、
親の役目かと思ったり。

あと30年後には、
「イクメン」なんて、
死語なんだろうなぁ。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。