「話してくれてありがとう」 「あなたは悪くない」と言えるお母さんに

小4の時
そろばん教室をサボって友だちと遊んでいた私。
何日くらいサボったのか期間は覚えてないけど、
そろばん教室の先生から家に電話が入り発覚。
メチャメチャ怒られて母にお尻をぶたれた。

サボった理由はちゃんとあったけど、
その時はただ「友だちと遊んでた」としか言えなかった。

大人になってからの昔話で母や姉から
「サボり事件」としてイジられて(笑)
そこで初めて「だって痴漢がいて嫌だったんだもん」と話した。

そろばん教室に行く途中にはじめて痴漢にあった。
たぶん5秒くらいの出来ごとで、私はただびっくりした。
多少ショックだったと思うけど、それほどダメージを受けたわけじゃなかった。
でも、それ以来私はそろばん教室をサボり友だちと遊んで時間を潰すことになる。

また同じことになるのは嫌だったし、もうあの人に見つかりたくなかったから。

今、母になり子どもの身に不幸が降りかかるのは何としても避けたいと思う。

女の子でも男の子でも、0歳の赤ちゃんにさえ、
特殊な眼差しを向ける人がいる。

それはもしかしたら身近にあることかもしれないし、
少し年上の子から秘密だよ、ってこともあるかも。

私は言えなかったけど。
もしあなたの子どもからそんな報告があった時は、
(たとえ子どもの気のせいでは?と思うことでも)
その時は「話してくれてありがとう」
「あなたは悪くない」と
ちゃんと伝えてあげてほしい。

子どもや、その状況になった経緯は絶対に責めたり否定したりしないで。
「嫌だったね」「もしまたあったら教えてね」と。

また同じことになりそうなら対策を教えたり、繰り返さないよう先回りも必要になるが。

それよりもまず、小さい頃からおうちで
プライベートゾーンについて当たり前のように教えてあげてほしいと思う。

(お母さん記者/沖山親枝

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。