長くなってきた、息子の暗号文

息子(小1)が、5月から連絡帳を書き始めた。
最近は宿題も出るようになり、連絡帳に書くことが増えた。

6Bの鉛筆で、
一生懸命に書いている。

一部記号化されているので、まるで暗号のよう。。。

息子が書くだけじゃ心配(汗)
という保護者の気持ちを察してか、
書き終わると先生のチェックが入っている。

内容だけじゃなく書いた文字も添削が!

保護者は安心だしありがたいけど、
先生って大変だなぁと思う。

先生のチェックがなくなって、
いろいろと書いてくる日が楽しみだ♪

写真の連絡帳の意味は
手紙:1枚
宿題:音読、“ち”と“ひ”のひらがなプリント。

赤字は母が見た印。落書きではありません( ̄▽ ̄)ゞ

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。