お買い物ごっこで、娘が選んだものは

保育園へお迎えに行くと、娘が教室から走り出てきた。
いつも以上に笑顔がはじけている。

片手には、中身のぎっしり詰まった紙袋。
首には、厚紙でできた何かを下げている。

保育園のお買い物ごっこの日だった。

0歳から年長さんまでが参加する行事で、
娘たちはお客さん役として、
お兄ちゃんお姉ちゃんたちのお店で、買い物をしたのだそう。

首に下げていたのは、厚紙のお財布で、
紙袋の中身は、娘が選んで買ってきた品物だった。

帰り道、紙袋の中を見せてもらった。
子どもたちの手づくりの品々が、出てくる出てくる…

めがね、万華鏡、指人形、カレーライス、フライドポテト、
お弁当、焼きいも、苺パフェ、卵のお寿司、ぶどうジュース…。

色紙やお菓子の空き箱を使って、とてもよくできている。

それにしても、こんなに買ったの??
しかも食べものばっかり!

食いしん坊め……

でも、、、、あれ?
卵のお寿司、あんまり好きじゃなかったよね?

聞いてみると、
「パパ、おすし好きだからね!」と娘は答えた。

そうか、パパのために買ってきてくれたのね!
「帰ったらいっしょに食べようねー!」
と言いながら、娘は満足げに紙袋を揺らして歩く。

自分のために自由に使えるお金だったのに、
家族3人分の食べものを買ってきてくれたんだね。

ふと、買い物中の娘の姿を想像してみる。
お店にずらりと並ぶ商品を見て、わくわく心踊ったのかな。
選ぶのにちょっと悩んだりしたのかな。

お財布からお金を払うとき、
年上のお友だちに手伝ってもらったりしたのかな。
大人みたいに買い物ができること、どんなに誇らしい気分だったんだろう。

その姿を見ることができなかったことが、ちょっぴり悔しい。

でももし、私がそばにいたら、
あれこれと、手出し口出ししてしまったに違いない。
娘が一人で買ってきたことに、ものすごーーく意味がある。

春には3歳。
私とは違う、娘の世界がちゃんとある。

ちなみに、娘にも、ママもお買い物行きたかったな~と言ってみた。

すると、
「ママが、子どもになったらね!」と返ってきた。笑

(お母さん記者/笹部侑紀子

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。