長男の時間を感じる時間。時計だけを見続けること30分間!

最近時計に興味を持ってる長男。

長針を見ては
「6になっちゃったー!」「3になっちゃったーー!」
と気づいて報告してくれます。

夕飯前に、時計を見たがるので
目の前に置いてあげたら夢中で見る。

「動いてる〜〜」

本当〜。
よく見ると1秒ごとに0.何ミリかずつ
針を進めてるんだ、この時計。

6時45分から見始めたんだけど、
「3になる〜?」と
3を指す7時15分を見届けたい模様。

えー3になるまでまだまだ長いよ…

ごはん食べようよ〜…

 

………

………

 

動いてるね…。

 

…………

 

じっと見てると、
チクタクチクタク、音も聞こえる。

7時にはハトも鳴きだす。

また針が動くのを見つめる…。

 

すぐそこではお父さんが
ベトベトになりながら
次男にごはんを食べさせてくれている。

いつもと変わらぬ日常の中で、
2人で時間が過ぎていくのをただひたすら見つめてる、
ちょっと非日常で贅沢な時間を共有した。

……

さぁ!!!ごはんまだだよ!!

早く食べるよ!!!!

…すぐ日常に戻る!

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。