子どもの仕事は、遊ぶこと

今日から息子クン、新学期スタート。
お姉ちゃんより2日遅れて、ようやく夏休みが終わった。

基本、当日の朝学校の支度をする息子。
でも昨日、すでに準備済だったので、ゆっくり過ごしている様子。
それを見て、ちょっとソワソワする母(私)。

いつもの登校時間が近づくと

「あぁ~、めんどうくさいな~。
また勉強が始まるよ~」

と息子の口から出た言葉。

「なに言ってるのよ~。
あんたたちのお仕事は、勉強することなんだから。
しっかり勉強してください」

と私。

すると息子が

「えぇ~!?
子どもの仕事は<遊ぶこと>でしょ」

・・・ウッ

言葉が出なくなった私。

「じゃ、行って来ま~す!」

元気に登校して行く息子の背中を見つめて、
「遊びと勉強のバランスが大事なんだよ」
と言ってみたけど、なんか違う。

「遊ぶために、勉強するんだよ」?
「遊ぶのも大事だけど、勉強も大事だよ」?

・・・一体、息子になんと伝えたらいいのかな?

いまだにコタエが出ず…です。(^^;)

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/読書/旅/食後のコーヒー。息子1人(24歳)。