平和なわが家の教え「身代わりお茶碗」

わが家では、お茶碗が割れると喜ぶ。

ふつー、ガチャーンッ!と割ってしまったら
「あ~あ、また割ってしもた、掃除機せな」と
重い空気になりそうなところ。

ずっと前、たしか私が(たぶん私しかいない)
「お茶碗が身代わりになってくれた。
よかったな!ケガとか病気とかするとこやったで」と
苦し紛れに言ったことが、
わが家の教えになってしまった。

昨日、夫と私のお茶碗を同時に割ってしまった。
私が横着して適当に置いたのが原因。

夫「あーよかった、身代わりになってくれた」

娘&私、パチパチパチ!

なんて平和な家だろう。

これもお茶碗のおかげ。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。