商店街のにおいが好き

商店街のにおいが好き。

スーパーや、もちろんネット(パソコン前)では感じられない
いろんなモノのにおい。

商店街で育った私だからよけいなつかしい。
思い出がいっぱい。

天ぷら屋さん、注文すると
ちょっと大きめなのを選んで茶色い紙袋に入れてくれた。
カサカサいう音も好きだった。

悩んでるときは大きなハサミをカチカチいわせながら
ニコニコして待っててくれた。
最後は「今日はコレ、おすすめやで」の言葉に負けていた。

つけもん屋さん、つけもんとお味噌の量り売り。
きれいにとがって山になったお味噌をしゃもじですくって袋に入れてくれる。
ちょっと多めに入れて「まけとくわ~」と言うのがおばちゃんの決まり文句。

練り天屋さん、おばちゃんの手つきにほれぼれ。
すり身と具を板の上でねりねりして素早く油に落としていく。
買い終わってもじ~っと見つめてた。
種類ごと、家族の数を買うのに
すじ」だけは余分に頼んでそこで立って食べさせてもらった。

お豆腐屋さん、「きぬ一丁!」と言うと
おばちゃんがどんな寒い冬でも冷たい水に浮かんでる豆腐をすくって、
白いパックに入れて、機械でビニール袋をかぶせる。
最後のガッチャン!が何回も聞きたくて「もう1丁!」と言ったもんだ。
ところてんもついてくれる。
おうどんは長いお箸で突き刺して、半透明のつるっとした紙に包んでくれた。

家の近くの市場はなくなったけど、大阪にはまだまだ商店街も市場もある。

美味しいにおいと音に囲まれに行かないと!

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。