お母さんの運転。車のエンジンを切ったとたん、ほっとする

今日も子どもたちを無事に園へと送り届けた。
自宅に到着し、車のエンジンを切ったとたん、
ほっとする。

私はあまり運転が得意でない。
それでいて運転マナーがあまり良くない
といわれている県に住んでいて、
片道10分程度の送り迎えでさえヒヤッとする場面に遭遇する。
心拍数が上がり、気持ちに余裕が持てなくなる。

今朝は私のほうが一旦停止の交差点で、
車を見たとたん随分前から止まった自転車のお母さんがいた。
後ろの子ども席は誰もいない。
きっとこのお母さんも子どもを送ってからの帰り道かな。

たとえお母さん側が止まらなくてよい道でも、
車がきたら反射的に止まるかな。

わが子の命を預かってる以上、
どんなに理不尽な目に遭っても落ち着いて対応しなければ。
お母さんの素早い行動に胸が締め付けられた。

ここは本来、私が止まる道。
少し遠くからどうぞとジェスチャーした。

お母さん、どうかこの後もお気をつけて。

(お母さん記者/

1 個のコメント

  • 嫌な事故の報道が続きますね。 私は30年の運転歴を終えて歩いて交通機関を利用するようになって2年が経ちました。
    娘の保育園も習い事も毎日の生活習慣でしたが、終わってみると、なんて危ない綱渡りをして来たものかと唖然とします。
    今の車は安全性能が良くなっていますが、やはりとっさの判断はハンドルを持ったものの責任です。
    自宅に着いてホッとするのは当然でしょう。 忙しい毎日に車の存在は大きいです。
    乗る前にリラックスして、明日もまた 楽しいドライブで有りますように!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    編集部 青柳 真美

    お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。