連休が長すぎて。。。気づいたこといろいろ

連休が長すぎて、良くも悪くもいろいろ考えました。

中でも一番の気づきは、
家事や時間を気にしなければ、
子どもペースで過ごせて、
私はイライラが少なく、
子どもはニコニコが多いこと。

以前テレビで誰かが言っていた言葉を思い出す。

「お母さん、家事をがんばりすぎないで。
後になってみると、どうしてもっと
子どもと過ごさなかったのだろう、
家事なんてしなくてよかった、と思うから」

…本当に本当だ。

逆に、一番の心残りは、10日間あっても、
自分の時間も夫婦の時間もなかったこと。

残念すぎて、連休終盤、新しい服を買ってみたり、
連休明けの今朝は、
ふだんしないネイルをしてみたり。

皆さんはどんな連休でしたか?

(MJ記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。