やさしいおばあちゃんの言葉に、つい涙目になってしまった私

基本、車移動の私ですが、
つい先日、用事があって久々に娘とバスに乗りました。

娘は近頃いろいろやってみたいお年頃。

バスの中では、ボタンを押したい。
自分で手すりにつかまって立っていたい。
バスの中を歩きたい。

すべて許されるわけがなく、
私に止められ、ぐずり始めました。

必死にアレコレ気をそらしたりするものの
効果はなく、いよいよ泣き始めました。

もうすぐだから!
もう着くからね!
バス降りたら遊ぼうね!

そんなの娘には関係ない。

みんなこっち見てるなぁ…
まともにバスすら乗れないなんて…

なんて親だって思われてるかなぁ
ごめんなさいごめんなさい

と思いながら乗っていました。

いつもならあっという間のバスも
永遠のように長く感じました。

泣きわめく娘を抱えながら、
乗客の皆さんに頭を下げ 、やっと降車。

娘を降ろして、ため息をついていると

「ちょっとお母さん!」
と声をかけられました。

ああ…迷惑だったよな…怒られるかな…
と思うと

「大変だったわねぇ、お母さんがんばってるわね。
偉い偉い!!大丈夫!大きな声で泣いて元気な子だねぇ」

と言ってくれた、やさしいおばあちゃん。

怒られると思っていたのに、
あまりにもやさしい言葉。

偉い偉いって言われたのも久々すぎて
つい涙目になってしまいました。

急に泣いたら変なやつだ!と思い、
泣きそうなのを隠しながら

うるさかったですよね。本当にすみませんでした…!
と早口で言って下を向いてしまった私。

私もそんなやさしいおばあちゃんになりたいです。

公共の場で泣かれるのは勘弁だけど
道端で泣き喚かれても、つきあおう。

(お母さん記者/

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。