謎の黒みそまる。

みささんからリクエストいただいたので♡(笑)

早速、黒みそまるレシピ!

柳川のツル味噌。あわせ味噌です!

練りゴマの黒を合わせます。混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ。

70個分のみそまるに、練りゴマ160g。

出汁配分。

出し汁の粉末は
昆布いりこかつおを
1:2:2の割合で
みそまる10個に対して15グラム。
10個に対して、かつおいりこが6グラムで昆布が3グラム。

乾燥ほうれん草は、70個分で2袋やけん、、まぁ適量で!(笑)(大牟田の方、マルショクにある乾燥ほうれん草がおすすめです。)

あとはまぁるくまぁるく。

お母さんの心いーっぱいにしながら。

まぁるく丸めたら、、(これが丸めやすくてクセになる。(笑))

周りにもみ海苔をまぶす。

はい。これだけ。

さぁみなさん。やってみよう!

7 件のコメント

    • 美和子さん(≧∇≦*)
      そうなん!練りゴマには黒があるんよ〜!
      最初、炭も気になるなぁと思いながら、、
      まぁ手軽に手に入るものということで、
      練りゴマとなりました!
      ほうれん草良かった〜!
      胡麻とほうれん草と味噌、合わないわけないよね(笑)(*´艸`*)

  • >大牟田は人口減少により街全体が寂しくなってきた、と言われている。黒みそまるの黒は、昔大牟田を支えてくれた炭鉱を現す黒。大牟田のおっかさんが元気で大牟田愛に溢れていることが、すこしでも伝わったなら良いなぁ。

    これ、安藤さんの前の記事の言葉だけど、

    スゴイね。

    こういう気持ちでつくったみそまる。
    これは、お母さんの心がなかったら、つくれない。

    安藤さん。天晴れです。

    大牟田の誇り。

    • 藤本さん(≧∇≦*)
      うーわぁ。
      涙がまたまた出そうです。。
      ありがとうございます!
      大牟田で生まれたわたし。。
      幼いころから自営業の父がいて、
      大牟田は何だか幼いわたしには田舎くさくて、すぐにどこどこさんちの〜安藤さんやね、と言われ、離れたくて自立したくてたまらなかった。
      そんなわたしのターニングポイント。
      つらーく真っ暗闇の人生の途中で、両手を広げて受け入れてくれた場所です。
      一生かけて大牟田市に恩返しをしながら、自分がまずは住みやすい場所に。そして子どもたちが居心地のよい場所に。
      ここで根を張り、繋がりをたーくさん増やすために。
      娘という名の先生に弟子入りして、
      たーっぷり、しごいてもらいます!(笑)

  • 大牟田は行ったことがないけど、そういえば炭鉱の町だったことを思い出しました。
    そしてそれを表す黒ゴマみそ丸を思いついたんですね。
    まさにクロダイヤです。
    お味噌も全国様々だということを知る時代になり、それは楽しいことでもあります。
    この味噌は米麦の合わせみそ・・・
    私は麦みそが大好きですが、たまにブレンドして楽しむこともあります。
    ゴマとみその取り合わせは思いつかなかったことでした。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、まだまだ4歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)