OHASHIがツタワラナクテ…

先日の朝。

娘がまだ朝食途中で、夫にまかせて私は別な部屋へ。

戻ってきたら目には泣いたあとが。

どうしたのか2人に聴いてみたら、
夫「まだご飯終わってないのに、お菓子お菓子って言うから食べてからだよって言ったんだよ」
娘「…おかし…」

娘の言う「おかし」は「お箸」のこと。

メインはまだスプーンだけれど、食事の後半はお箸を持ちたいと途中から出すことが度々。

私「おはし、使いたかったんだよねぇ。」
夫「あっ!おかし、持ちたいって言ってた…」

いつもなら優しいお父さんが、
全然わかってくれない・お菓子だと勘違いして怒られるなんて…

娘の気持ちを考えたら悲しく、でもちょっとくすっと笑ってしまったのでした。

と同時に、まだ夫より私の方が娘のことがわかる場面があって母のメンツ?が保たれたような、ほっと安心感も感じました(笑)。

ABOUTこの記事をかいた人

曽我幸恵

お母さん歴約3年、お母さん業界新聞あつぎ版編集長です。 厚木市子育てアドバイザー・ほっとタイムサポーター。 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 また、絵本講師(NPO法人「絵本で子育て」センター)です。絵本の読み聞かせをぜひ子育てに!