オクシズ

オクシズって知ってますか?

北は3,000m級の山々が連なる南アルプスから、南は水深2,500mの駿河湾まで。南北83.1kmに伸びる「静岡市」実は市街地の面積は市全体の20%程度で、ここに市の人口の95%の人々が生活しています。市の面積の大半は、豊かな自然が残る山間の地域です。静岡市では、そんな魅力ある地域を多くの人々に親しみを持っていただけるよう、「奥静岡」=「オクシズ」の愛称をつけ、PRしています。

そんなオクシズの中でも、オクシズ中のオクシズと言っても過言ではない!?市内から山道をひたすら北上。まだ本当に静岡市?!むしろ、もう静岡県じゃなくて山梨県か、長野県に入っているんじゃ??と思うほどの道のりをあきらめずに車を走らせます。井川ダムに到着!やったー!もうすぐ到着?!と思いきや・・ここからさらに20㎞の看板・・いくつもトンネルを抜けて、ようやく今回の目的地。南アルプス赤石温泉「白樺荘」に到着です!

う~ん。本当に静岡って奥が深い。

息子も温泉をご満悦。は~。いいお湯でした!!

そうそう、忘れちゃいけない。実は今回はある特命を受けてここにやってきたのでした。

この続きはお母さん業界新聞静岡版で♪

ちなみに、オクシズの他にしずまえと呼ばれる地域もあります。

「しずまえ」とは、静岡市の前浜(駿河区石部~清水区蒲原)のことです。静岡市には、用宗漁港、清水港、由比漁港の3つの港があります。ここで水揚げされる魚介類を「しずまえ鮮魚」といいます。

次の取材はしずまえもいいかも?!

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真呼

静岡市在住。2017年8月に待望の第一子を出産してお母さんになりました。 こどもと関わる仕事をしています。我が子が生まれて、他の子も今まで以上に可愛く思えて仕方がない!!予想よりはるかに手のかからない、なんだか不思議な赤ちゃんの息子。よく寝てくれても、それもまた心配になってしまう・・そんな普通のお母さんです。