打ち上げ会

恒例の市民音楽祭が終わりました。

二つのコーラスグループに属し、一つは1年かけて仕上げるミュージカル2曲、オペラ座の怪人よりミュージックオブザナイト、雨に歌えば。

もう一つはボランティア仲間で結成し5年目を迎えたアカペラ混成で2カ月で仕上げる1曲が中島みゆきのマッサン主題歌「麦の唄」。

どちらも楽しく出来も評判も上々でした。

昨夜の打ち上げ会は男性抜きの居酒屋で、お酒も入り色んなメンバーの愚痴話に私は笑いながら楽しく聞きました。

仕上げは1月に1泊旅行の話が出て、「この年になったらいける時に行っとこう・・・」と意気投合して解散です。

今日は午前中、メンバーの夫によるDVDが配られて一緒に鑑賞会。

そして自画自賛会の中に私が聞いてきた喜ぶ言葉を紹介しました。

「ずっと我慢の後にやっとホッとしたグループの歌声で良かったよとか、もう一人からは隣に座っていたおばさんがこの人らは若いな、40代やなって言うわ、傘を開いたらわ~って喜んでたし・・・」と紹介したら、40代にみんなが食いつき喜ぶこと。

去年のグループ紹介では還暦過ぎて・・・といったけど、これからはそれは言わないこと、という意見で一致したところでランチへ向かいました。

山あいの中にあるレストランは紅葉で雰囲気があります。

なんでもここで過去に関西のアイドルだった堀ちえみさんが結婚式をしたのだとか。

小雨の中でもしっとり風情のある外の景色を眺めながらおしゃべりに花が咲きました。

やっぱり趣味の仲間がいるのは本当に楽しいものです。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田美智子

読書が好き、人間が好き、孤独も大事、真善美を考える日々。 旅をすると予習復習で楽しさががらりと変わることを実感し、 60代後半になると、努力することの必要性を実感し、 やる気元気の素を探すようになりました。 今のところその素は、お母さん大学とコーラスです。