長女と参加した勉強会

小3の長女と、こちらの勉強会に行ってきました。

お母さんや、子育て支援者、教師向けのようでしたが、長女は、時々『将来もしかしたら先生になりたいかも』と言っていたので、きっと勉強になるはずだと、連れて行きました。

うん!長女と一緒に聞けたのは、本当に良かった。

長女は、帰りの車で、太田先生が行っている学校に引っ越したい、教え方が凄く上手だった、分かりやすかった、優しかった、眠くなるかと思ったけど全然ならんかった、と、得たものがあった様子。

私も、『学ぶこと』『問題の解決方法』等、太田先生の理論を長女と共有することで、何だろう、私たち同志だもんね!みたいな、一体感、心強さを得ることができ、親子というより、中村家の組織力強化プロジェクトチームのような感覚に。彼女との良い距離感も生んだと思います。

そして、答えを出す方法が、私と長女と違っていたことも大きな発見でした。へー!そう考えるのかっ!面白い!

家に帰ると、次女と三女が何やら言い争っていました。

私は早速!太田先生の理論を実践して、解決へ導こうとしたら、長女がやって来て、太田先生流のやり方て、二人をなだめ始めました。

見事に喧嘩を仲裁、さらに、じゃあどうしたら良かったのか、これからどうするのかまで、話し合うことができたのでした。

先生の理論や経験談等を聞いて、彼女なりに理解していたこと、うん凄いなぁ。喧嘩して、それぞれの言い分聞いてもらったらスッキリしてて、またケラケラ楽しそうに遊べて、柔軟で素直でまっすくで、あー、子どもって気持ちが良い!スゴいなぁ。

長女よ、学校で色んなお友達の色んな考え、やり方、想いを知っておいで。楽しんでおいで。学び合っておいで。学ぶこと、学び合うことは喜びだったね。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

8-5-2歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツア&クレープなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。