算数苦手な長女のために

算数苦手な長女ふうさんのために、日曜日の午前中は、私の実家で勉強することにしました。

私は、いつも姉の勉強の邪魔をする下二人を担当。

そして、

私の母は、ふうさん担当。

私が、ふうさんの勉強をみると、あまりのできのなさで、イライラしていつも喧嘩になってしまうから、母にお願いしたのです。

すると!!!

長女のあまりの珍回答に、母は、笑う笑う。つられて、長女も笑う笑う。(σ≧▽≦)σ(σ≧▽≦)σキャッキャッ♪キャッキャッ♪二人でとっても楽しそう。

それを見た妹たちは、

『なんか、ねぇねたち、楽しそうやね。勉強しようとかいな?』 『ただ、お喋りしよるだけやない?』              『。。。楽しそう。いいなー。ゆうく(次女)も、おばあちゃんに教えてもらいたい』

とのこと。そうだねー。。ほんと、楽しそうだねー。。

……1時間後……

角度の最後の問題で、長女は考え込んでいた。ウ~ン。ウ~ンしばらく問題とにらめっこして、叫んだ!

『分かったーーーーー!!!!!』目がキラーン✨

そして、そして、算数苦手で、いつも眠たくなる長女が、ついにこう言った!

『オモシロイ!!!!』目がまたまたキラーン✨

母感動(*>∀<*)良かった!良かった。まずは、勉強を『オモシロイ』と感じられて本当に良かったよー!

おばあちゃんと、ケタケタ笑ってるだけでは?と、ちょこっと感じていたけど、時間内に国語と算数の課題を最後まで終わらせて、本日の勉強会無事に終了😊

いやー、うちの母、流石でございます。ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

中村泰子

8-5-2歳の三姉妹のお母さん&サラリーマンしています。パパはモッツアレラチーズ職人で福岡県朝倉市秋月で『ピッツア&クレープなかむら』をしています。 お母さん業界新聞秋月版編集長。