さびしい夜

息子が修学旅行へ行った日のMJ記事が、
下書き保存されたままでした(笑)

改めて読んでみると、なんだかあの日を思い出してキュン。
せっかくなのでUPしちゃいます。

*******************

息子が修学旅行へ行った。

早朝に集合場所まで送って、家に戻ると…
なんだろ?
心の穴が開いたような…

バスケの試合で早朝から居ないことなんてザラなのに、
それとは違う、息子が<いない>ことへの喪失感!?

日中、息子の同級生ママから、
「元気に出発しました」
と、出発式を終えて駅に向かう子どもたちの動画が送られてきて、
息子の姿を見つけて、思わずウルッ。

「さびしいよ~」
って返事を返したら
「さびしいね~」
って返事が返ってきて、なんかホッ。。。
私だけじゃないんだね。

仕事から帰宅しても、息子がいない。
「さびしいな」
とつぶやくと、娘は
「せいせいする」
と言う。

でもパパも夕飯を食べながら
「なんかさびしいなぁ」
と言う。

いつも特段喋るわけではない息子だが、
ココに居ないってことだけで、こんなにも気持ちに変化があるなんて…
息子の存在感を痛感しました。

そんな淋しい夜をこえて…
息子との再会が楽しみ♪(*^^*)

*************

息子との再会は、特に感動シーンもなく、
あっさりフツーでした。

2019MJ005

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。