子育て川柳「頬のシミ」

「顔にチョコ」 娘ゆびさす 頬のシミ

 

「ママー、顔にチョコついてるよー。」

娘が指さすので

指で顔をこすってみたけれど

なにもついてない

 

「ついてないよ~。」と答えると

そしたら

「ついてるよー、ほら、ここ!」と

むきになった娘が指さしたのは

いつの間にか

頬にできていたシミ

 

という妹の話を聞いて笑ったのもつかの間

我が家も

次女が

私の顔をまじまじと見ながら

「どうして、大人になったら

目の周りにほくろがいっぱいできるの?」と

聞いてきたことを思い出した

 

次女が言っているのはおそらく

私の顔に出ている肝斑のこと

(肝斑:女性ホルモンの影響で頬骨の上にできる左右対称のシミ)

 

「大人になるといろいろ出てくるの」と

適当な返事をしたけれど

なんだかもの言いたげな次女の顔が記憶に残る

 

子育て優先になると

なりふり構わなくなってしまいがちで

日焼けしても「ちょっとくらい仕方がない」とか

肌の手入れもおろそかになったりして

数年後にその付けが回ってきた辺りで

美意識を理解し始めた娘に指摘されるという

因果なこの関係

 

それでも

年頃になった娘に

「ママみたいになりたくない」とか

言われるのは悔しいので

失われた年月分のお手入れに精を出そうと

決心する今日この頃

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

八木橋 真心

日本文化をこよなく愛する2児の母。 川柳創作3か月で全国紙デビュー。以降、毎月自身の川柳コラム掲載中。 笑いあり涙ありの子育てを川柳を交えながら、ブログ、FaceBook、Instagramで発信中。