ギョーザの話

今日の夕飯はギョーザ。

我が家のギョーザは大量生産、大量消費。

タネを作ると〜〜

暗黙の了解で家族総出でギョーザ作り。

いつも150個のギョーザを作りながら、今日も子どもたちが最近の様子を報告してくれる。

ギョーザを食べながら、子どもたちに質問。

質問1

「お母さんに期待されたい人〜!」

最近、中2の長男を怒ってばかりいた。けちょんけちょんにいろいろ言って、私も少し反省したけど、

やっぱり

「期待されてるけど、プレッシャーは全然感じない〜〜」と。

こんなにもメンタル強かった息子にびっくり。関心する。私が怒って言った事は一体なんだったのか?それよりもたくましすぎる息子に、頼もしいとさえ感じる。

質問2

「お母さんに期待することは?」

19歳長女は「家を片付けてほしい!」

ごもっともな意見。

高1次女は「お母さんにもっと有名になってほしい。そしてテレビ取材受けたい!」

自慢じゃないけど、我が家にはNHKの取材が2度来ました。それで充分でしょう!

我が家では、たまにこんな質問をして子どもの心を探っています。そして、お父さんのオヤジギャグで和んでいます。

そんな話をしながら、今日も150個のギョーザを完食した我が家なのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

田中清美

横須賀支局の田中清美です。横須賀在住、4人の子ども(19歳15歳13歳11歳)と夫の6人暮らし。毎日ドタバタ、にぎやかに(やかましく)過ごしています。 今年5月に横須賀版創刊準備号、7月より横須賀版を創刊。横須賀版編集長としての責任の重さを感じながら、日々精進しています。持ち前のデタラメお母さんっぷりは健在。お母さんを楽しみながら、横須賀のお母さんを笑顔にする活動を続けています!