ひとりの夜を過ごしてみた

この連休中、
「1人でホテルに泊まる」
を実行した。

長男が生まれてから7年、
「一泊でいいからひとりの夜を過ごしたい」
と夫に訴え続けてきた。
しかしなかなか実現されず。

でも、この連休、夫も10連休で余裕があったのか、
「いいよ、泊まってきても」と、
やっと許可が下りた!

うきうきでホテルをとり、
(何かあった時にすぐ帰れるように、隣の市の駅前ホテルにした)
その日が来るのを指折り数え、
当日は、掃除と洗濯まで済ませ、夕方に出発。

さて、どうしよう、
まずはチェックインして荷物を部屋に置く。
ひとりでホテルなんて何年ぶり!
ワクワク落ち着かない心で、無駄にあちこち部屋をチェック。

それから、駅ビルに行き、早めの夕ご飯。
ひとりだから何食べてもいいのに、
なぜかものすごく迷う。

おしゃれなカフェ風のお店で、おしゃれ定食を食べ、
最近なかなか行けてなかったマッサージ屋さんに行って全身もみほぐされ、
ビル内のいろんな店をぐるぐる見て回る。

気がつくと20時。
こんな夜に外出してるなんて!!!
専業主婦なので、夜出歩くこと自体皆無な日々。
夜に駅ビルにいる自分にさらにテンションが上がるが、
あんまり遅くなると怖いので、足早にホテルに帰る。

ホテルに帰ってしばらくすると、
長男から電話がかかってきた。

「お母さんお風呂入った?」
「今からだよ。はるくんは入った?」
「入ったよー」

電話の向こうで、次男が騒いでいる声がする。
賑やかな声がすぐ側にないのが不思議な感じ。

お風呂に入り、
だらだらケータイいじりながら、テレビを観つつ、コーヒーを飲む。

子供の寝かしつけに追われない、自由な夜。

無駄に夜更かしをして、
日付が変わってから寝た。

次の日の朝、
なぜかいつもと同じ時間に目が覚める。
ひとりだとやることがないので、
早々に支度をして、チェックアウト。

朝マックをして、電車に乗る前に夫に「今から帰る」とメール。

最寄り駅で降りると、
夫と子どもたちが車で迎えに来てくれていた。

なんかホッとした。

ひとりの夜は、確かに自由だった。
自分のペースで動ける自由。
だらだら時間も貴重だった。
リフレッシュできた。楽しかった。

子どもがそばにいないと、
「お母さんスイッチ」もoffになるのかなと思ってたけど、
offにはならなかった。
結局子どものこと考えてた。

ありゃー、私もすっかりお母さんが染み付いてるんだな、と痛感した。

4 件のコメント

  • リフレッシュ!いい時間でしたね♪
    「お母さんをリセットする」という言葉があるけど
    天野さんがおっしゃるように、オフにはならないと私も思います。
    うちの子はもう成人してますが、今日は晩御飯誰もいらないから
    どっかで贅沢してこようか、と思いながら
    結局、家でぼ~っとしてます(笑)
    お母さん、家族が、沁みついてるんですね。

    • いい時間を過ごすことができました。
      夫に感謝です♪
      子どもと離れたらオフになるのかなと思ったけど、
      少し弱まったくらいで、ぜんぜんオフにはなりませんでした(笑)
      「晩御飯作らなくていいならひとりで贅沢すればいいのに、結局せずに家にいる」
      私もそうなりそうです。
      一度お母さんになると、ずーっとお母さんなんですね。
      お母さんは一生お母さんなんだなあ。

  • 天野さん

    良かったね。
    おひとり様の一泊は、ある意味、母を感じる時間だったかも。

    OFFにならない・・・・・。

    たまには、母力スイッチをOFFにしてあげたいけど、
    それは無理だってことね。

    お母さんって、スゴイね。

    • リフレッシュできてとてもよかったですが、
      子どもがそばにいなくても、母力スイッチがオフにならないことが実証されました(笑)
      お母さんって、どこにいても子どものことを考えるもんなんだなって。
      お母さんはスゴイ。
      こんな私でもお母さんなんだなって実感しました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    天野智子

    小学2年生と1歳の男の子の、2人の母です。 愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。