透明なすべり台

たーたん(娘)が突然

「たーたん。

ママのお腹にピューーーンときたの」

と言ったので

我が家の「胎内記憶の伝道師」こと

たっくん(息子)に確認へ。

 

「そうだよぉ〜!!!」

ママ、そんなことわざわざ聞くの!?

みたいな口ぶりで

たーたんの発言を擁護。

いよいよ信憑性が高まる!

たーかーまーるー!

 

今まで見たことのないような

物凄い歳とったおじいちゃんに

「このママがいい!」って頼んで

透明なすべり台を下りたって。

 

お腹の中で

「早くママに会いたいなぁ。

産まれたらどんななんだろうー!?

ウキウキ〜♪」

ってしてたんだって。

 

お腹の中では

「目じゃなくて、頭で色々見るんだよ!」

 

あ!

それじゃぁ〜

さっき話してたおじいちゃんて???

 

「神様!」

ABOUTこの記事をかいた人

花島由香理

静岡支局「Rainbowふじえだ版」編集長。神奈川県出身、元保育士。8歳男子・4歳女子のmama。