子どもの健康を守る「ノロバスターズ」発足!

例年、12月頃に猛威をふるうインフルエンザやノロウイルス。
そこでこの冬、子どもの健康を守るべく、10人のお母さん記者が立ち上がった。
その名も「ノロウイルスバスターズ」。略して「ノロバスターズ」! 

ウイルス界のフェラーリの異名を取るほど、
猛烈なスピードで感染していくノロウイルス。
しかもいまだワクチンも治療薬もないという手強さだ。

そこでメンバーが着目したのは、
近年、ノロウイルス対策としての効果が報告されている「ラクトフェリン」という成分だ。

先日、ノロバスターズが訪ねたのは、
神奈川県座間市にある、森永乳業株式会社研究所。
森永乳業は、より母乳に近い育児ミルクをつくるため、
1960年から初乳に多く含まれる「ラクトフェリン」に注目して研究を開始。
幾多の困難を乗り越え、1986年には「ラクトフェリン」入りのミルクを開発し、
その後もヨーグルトやサプリメントなどを製品化。
2003年には、乳原料からラクトフェリンを抽出する技術で「文部科学大臣賞」を受賞。
50年以上に及ぶラクトフェリン研究について話を聞いた。

ノロウイルスの基礎知識として、予防法なども学んだメンバー10人は
毎日の生活習慣として家庭でできることから始めるとともに、
「ノロバスターズ」としてさまざまな方法で情報発信につとめていく。

●「お母さん業界新聞」11月号特集「ノロウイルスをやっつけろ!」
●ラクトフェリンをもっと詳しく http://www.m-lf.jp/nv/

2016年11月01日:講演会・イベント報告:編集部

Comments

コメント (0)

Add coments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。