2017乾杯をありがとう。さらなる未来に向かって



「何回目の乾杯なのか、わかんないんです」
そんな藤本の言葉で始まった今年の乾杯パーティーが、無事、終わりました。

今年は、千葉県長生村での乾杯予定が直前キャンセルになり、
急遽、会場を横浜に変えての乾杯でした。
そのため、参加できなかった人、 なんとかムリして参加してくださった方…
皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

そんな中での乾杯だったので、 なおさら、集まったメンバー同士、
思いと絆の深さを感じることにもなりました。

お母さん大学のサイトリニューアルに向けての計画発表に続いて



乾杯の7時30分まであと20分という中、 参加者全員が一人ひとり夢を語り、













ジャスト7時30分に、カンパーイの祝杯を上げることができました。



その後は、 「はじめての日」「みそまる音頭」を歌う
江連くん&中村守孝先生のミニライブを楽しみ、





ラストは、サプライズで エリア版編集長から、
全国版編集長藤本へ向けての感謝の気持ちメッセージと花束が贈られ、
滅多に泣かない藤本が、 感極まって涙を流す場面もありました。





夜のパーティーに参加するのも 簡単なことではありません。
ちっちゃい子を連れて遠くからきてくれた人、子どもを預けて来てくれた人…
それぞれ決意の一歩だったはずです。

参加してくれたみんなはもちろん、
離れた場所でも心は一つ、 一緒に乾杯してくれた皆様にも、
心からの感謝を込めて、
また新たな一歩を踏み出し、 2018年の乾杯に向いたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



(お母さん大学・青柳)

2017年08月02日:講演会・イベント報告:編集部

Comments

コメント (0)

Add coments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。