全労済×お母さん大学 孤育てをなくそう

全国47都道府県200か所の全労済店舗で「お母さん業界新聞」を無料配布中!
お母さんはもちろん、老若男女どなたにもお読みいただけます。お気軽にお声かけください。

夏休み親子でみそまる教室in静岡報告

全労済×お母さん大学の共同企画
夏休みの自由研究「親子でみそまる教室in静岡」が、
全労済静岡県本部にて開催されました。



「みそまる」とは、味噌にだしと具材を混ぜて丸めた即席味噌汁のこと。
お湯を注ぐだけで、いつでも本格的な味噌汁が楽しめると評判です。

この日は、小学生の親子17組が集まり、
親子で、味噌ついて学び、みそまるづくりを体験。
自由研究レポート完成までの一日ワークを楽しみました。



ミソガールの講義中、真剣にメモをとっていた小学生たち。









味噌について学んだあとは、実験・体験コーナーで、
実際に味噌の色や匂い、硬さの違いを比べたり、
なめて、味や食感の違いを感じたり。









みそまるづくりのコーナーでは、
好きな具材を選んで味噌とだしに混ぜ合わせ、両手でコロコロ。
かぼちゃの種や星形のお麩などでトッピングし、
スイーツのようにかわいくなったみそまるを、
スケッチしたり、コラージュしたりしてノートに表現。











「えっ、みそまるって、ほんとにこれで出来上がりなの?
これがほんとにお味噌汁?」と、
自分でつくってみてはじめて、あまりの手軽さに驚いていました。



お昼休みには、おむすびとみそまるを食べながら、テーブルごとに交流。
お母さん同士、子ども同士もすっかり打ち解けた様子で、
会場はよりにぎやかに。





その後、レポート完成に向けて、各自スピードアップ。
時間内に思い思いのレポートを完成させることができました。















味噌は1300年も昔から、日本人の健康を支え続けてきたこと。
味噌にはさまざまな健康効果があることなどを知って、
味噌に感じ入った子どもたち。

それは、レポートのタイトルを見れば一目瞭然。
「みそはおいしい!」
「スーパーフードみそ」
「みそはスゴイ!」
「味噌を食べよう!」
「味噌のすごさ」
「みそのヒミツ」
「みそのアレコレ」
「みそだいすき」…。



























気になるまとめ(感想)欄には、
「毎日、味噌汁を飲みます」
「これから味噌の素晴らしさを伝えていきます」
「みそは1つの味だと思っていたけど、いろいろな味があるし、
おいしいから、きらいな人もがんばれると思います」
「みそまるをつくって、味噌汁がもっと好きになりました」
「みそは日本の誇りです」
「カップラーメンを食べるなら、味噌汁を4杯食べよう!」…
「これからもたくさんみそしるを飲みたいです」
といった言葉が書き込まれ、その素直な表現に、
また、一人ひとり前へ出ての発表に、
お母さんをはじめ、ミソガールや私たちスタッフも感動しきり。



















最後は、
全労済のキャラクター「ピットくん」と一緒に
記念撮影を撮って終了しました。





この日、自由研究が終わった人は
残りの夏休みを謳歌してください。

そして、もし自由研究がまだの人も大丈夫。
今からでも間に合います。
お母さん業界新聞7月号を見て
「味噌」研究をしてみてくださいね。

この日の模様は、「静岡放送」、「静岡新聞」、「中日新聞」、「お母さん業界新聞9月号」でも紹介されます。

全労済♡お母さん大学「“孤育て”をなくそう!」の取り組みはこちら