ぽっかぽか

理想はいつでもにこにこ・ぽかぽかの太陽ママ。でも、現実は・・・。


General

港北版~ママのためのクリスマスイベントを企画するママたち

『新しい女性の型・ファミリーの活性化』
をモットーに活動する『ママ笑社』のメンバーは6人。
ILH(インターナショナルランゲージハウス)のママ&BABYの
ワンコインリトミックで、地域のママリーダーとして
取りまとめ役をしている5人のママたちに、
校長の黒部さんがラブコールを送り、結集しました。
「夢は持っているけど、何が出来るかわからない。
でも、何かやりたい!というママを、
組織として応援したい。」という熱い想いで、
NPO法人化に向けて準備の真っ最中です。

代表の黒部さんは、
20年程ニューヨークに住んでいらしたからか、
日本人離れした(!?)ステキな感覚をお持ちのようで・・・お会いした瞬間から、
パワフルであたたかくて
サバサバしていておしゃれで不思議な・・・
黒部ワールドに引き込まれてしまいました。
(これは運命の出会い!?、と、ひとり感激していた
私であります。)

仕事を通して若いママたちと接する中で、
自分の力を発揮できずに
自分をもてあましているママたちが
多くいることに気付き、
そんなママたちにもっと輝いてほしい、
もっと笑顔でいてほしい、
もっとHAPPYでいてほしい!
という思いが強まっていったそうです。

『ママ笑社』の起業理念は、
~夢の創造・夢も実現・夢の追求~
ひとりでは出来ないことも、
ママたちのパワーが集結すれば、
お互いの夢を達成、
あるいはそれに近づけることが出来るはず。
それを、組織として容にし、
現実の仕事としてやっていく、
その第一歩が今回のクリスマスイベントなのです。

12月16日(火)
新横浜の横浜ラポール(ラポールボックス)にて。
お裁縫が得意で仕事にしたいと思っているママの
プロデュースによるHandmadeリース作りをメインに、
写真を仕事にしようとがんばっているママによる
写真撮影や、ピアノ生演奏、
クリスマス絵本の読み聞かせなど・・・
ママと子供がステキな楽しいひと時を過ごせそうな
企画がいっぱいです。


2008年11月25日 01:13 | General | 佐藤由希子(太陽ママ) | コメントする


港北版 それぞれのクリスマス~美佐子さん

岩崎美佐子さん(40歳)・長女(小4)・次女(小2)・ご主人の4人家族

岩崎家のクリスマスの夜、家族でクリスマスケーキと手料理で和やかな食事を楽しんだ後、子供たちが『おやすみなさい』をする前にやることがある。

リビングのテーブルに、紅茶とクッキーを用意する。
『サンタさんへ プレゼントありがとう。 どうぞ召し上がれ』の手紙を添えて。

サンタさんへのクッキーは、子供たち二人で選んで買ってくる。今年は、チョコチップ入りにしようか・・・
こっちの方がおいしそうかな・・・
二人でワイワイ言いながらこれもまた楽しいひととき。

朝、目覚めて・・・
リビングにダッシュする子供たち。
テーブルの上には、プレゼントとサンタさんからの手紙。
『紅茶とクッキーありがとう。とてもおいしかったよ。』
実は、このお返事の手紙、ママが左手で書くそうだ。
子供たちにはママの字がわかっちゃうから。
『なんか、サンタさんの字ヨレヨレだね~』なんて言われて、『サンタさん、おじいさんだからかねぇ~』な~んて、とぼけて答えてるママ。

岩崎家では、もうひとつ素敵な習慣が。
夫婦間でもクリスマスプレゼント&カードを贈りあっているそうだ。ご主人からはオリジナルイラストの手作りカード。『やっぱり、手書きの文字は心に響くよね・・・』と美佐子さん。いつまでもラブラブなのは、この習慣のお陰かしら?

美佐子さんの誕生日は12月22日。
子供の頃は、いつもクリスマスと一緒にされてイヤだったそうだ。だから、大人になってからは、絶対に別々に祝ってもらうことにしているのだとか。それぞれの日にケーキだって食べる!それが、結婚の条件だったとか!?

2008年11月18日 01:19 | General | 佐藤由希子(太陽ママ) | コメント 1


ぽっかぽか

男の子5人の母である私。
いつでも、にこにこぽかぽかの太陽ママでありたい。
と思いつつ、カミナリ落としてるときのほうが
多いかも・・・

そんなバタバタな日常の中から、
私のアンテナに引っかかった事柄を
ボチボチと発信していきたいと思ってます。

2008年10月17日 05:26 | General | 佐藤由希子(太陽ママ) | コメント 5