お母さんへの感謝の気持ちを歌う卒業ソング

お子さんの卒園、卒業を迎えるお母さん、
おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。

▼卒業ソングといえば、
かつては「仰げば尊し」や「蛍の光」がお決まりだった。
近年は、川嶋あい「旅立ちの日に・・・」、ゆず「栄光の架橋」、
森山直太朗「さくら(独唱)」、レミオロメン「3月9日」など、
さまざまな楽曲が歌われているらしい。

▼Kiroroの代表曲「未来へ」もその一つ。
母親への深い愛情と感謝の気持ちが込められている歌詞と、
それを引き立てる美しいメロディーで、
日本の卒業式に留まらず、世界中の人々に歌われている。

▼沖縄でそれぞれ家庭を持ち、
3児の母となった玉城千春さんと金城綾乃さん。
「子どもの送り迎えや夕飯のおかずを考えるのが先で、
曲づくりモードにならなかった」と言うが、
昨年、デビュー20周年アルバム「アイハベル」をリリース、
ツアーも再開した。

▼「いつかさよならするその日まで 数え切れないほど抱きしめて」
子どもを寝かしつけているときに浮かんだという「ブランコ」の一節。
子育ての今を大切にと歌う、お母さんにはたまらない一曲だ。

(2019年3月号/苺一絵)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。