お父さん、お母さん、ほおずきを上手に鳴らせますか?

▼夏の訪れを告げる「ほおずき市」といえば、
東京浅草寺(7/9・10)が有名。

だがもともとは愛宕神社(港区)の縁日で
薬草としてほおずきを売っていたのがはじまりだ。

境内に自生していたほおずきを煎じて飲むと、
子どもの癇や婦人病に効くとされ、ほおずき市が立った。

今年の「千日詣り ほおづき縁日」は6/23・24に行われ、
お祓い済みの青いほおずきの鉢が並ぶ。

赤い実が付いたものが出回るのはお盆の頃。
ほおずきを仏壇やお墓に飾るのは、形が提灯に似ているから。

漢字で「鬼灯」と書くように、迎え火や提灯とともに
精霊が迷わず戻るための道しるべとして飾られる。

戻ってきた精霊はほおずきの中に宿って
お盆を過ごすと考えられている。

子どもの頃の夏の思い出の一つがほおずき遊び。

実をよく揉んでようじで穴を開けて種子を出し、皮だけにする。
それを口の中で膨らませて噛むとヴィ-ッと音がする。

途中で皮が破れては何度もやり直し、
ようやくできたほおずきの皮も、鳴らすにはまたコツがいる。

子どもたちは上手に鳴らせる大人を
尊敬の眼差しで見たものだ。

未経験の方は、ぜひお試しあれ。
(2019年6月号/苺一絵)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。