カルピスは「初恋の味」と答える昭和世代も意外と知らない「7/7カルピスの日」

7月7日は「カルピスの日」
100年前、英語教師だった三島海雲が
長旅の途中、内モンゴルで体調を崩し、
遊牧民にふるまわれた酸っぱい乳を飲んで回復。

帰国後に乳酸菌の研究を続け、1919年の七夕の日に、
日本初の乳酸菌飲料として「カルピス」を発売したことに由来。

▼昭和時代の子ども飲料の代名詞ともいえるカルピス。
氷と水を入れてカランコロンとかき混ぜるのは子どものシゴト。
「初恋の味」というコピーに胸ときめかせた記憶も蘇る。
夏の贈り物の定番カルピス・ギフトセットに入っていた
フルーツ味は特別だった。

▼アサヒ飲料はブランド100周年を記念し、
「カルピス」みらいのミュージアムを
群馬工場(館林市)に新設すると発表。
10月オープンも待ち遠しいが、夏の熱中症対策はカルピスで。

7月30日「乾杯の日」も、お酒が飲めない人は、カルピスで乾杯を!

(2019年7月号/苺一絵)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(26歳)。