大阪版「MJが行く!」8月号は「あぐりね泉州」

マザージャーナリストがペンを持ち取材する、「MJが行く!」

Vol.7 「あぐりね泉州」農業を支えるお母さんたち!
 ただ今、息子(8か月)の子育てで悩みいっぱいの私ですが、農業と子育てをがんばっているお母さんたちが集まると聞き、会いに行ってきました。普段の生活ぶりや農作業と子育ての両立についてなどを聞きました。(MJ記者/長谷川文)

お母さんの視点で
「農業の若い女性就農者たちが横のつながりを持ち、情報交換や学びで力をつけることで、農業に女性の視点を取り入れていくことはできないか?」と考える大阪府泉州農と緑の総合事務所農の普及課の後押しにより、2019年、子育て中の母親を中心に約10名が集い、「あぐりね泉州」ができました。
学ぶうちに意識が上がり、「野菜を使って子どもも楽しめるイベントがしたいね」と、夏休みに「親子ピクルス教室」を開催することに決定。
この日、貝塚山手地区公民館では、イベントに先がけて、試作&試食会が行われました。

新鮮な野菜は美味しい
フロアに降り立つと、ふんわり漂ってきたのは、お酢のいい匂い。それもそのはず、それぞれが自宅で試作してきたピクルスを味見中でした。
お母さんたちは子どもたちの意見も聞きながら調整し、当日のレシピを完成させていきます。
その後、実際の手順確認のため、子どもたちがつくってみることに。
エプロンをつけ、野菜を前に、ワクワク顔が揃いました。
「お野菜ぎゅーぎゅー」と言いながら、小さい手でどんどんビンに詰めていきます。まっすぐきっちり立てて入れる子、ぐいぐい縦横自由に入れていく子、かわいくゴーヤの輪切りでふたをする子…とさまざまです。
「コツはみっちり野菜をビンに詰めること」と楽しく進行する、先生役の角谷紗織さん。「お酢のお風呂につかりましょ!」と言いながら、ピクルス液をなみなみと注ぎ完成させます。
ピクルスは野菜の美味しさをビンに閉じ込め、長く楽しめる優れもの。
お母さんが育てた野菜を、自分の手で料理したら、そりゃあ絶対に美味しいだろうなぁ。一晩寝かせるのがコツといっても、私なら一晩も待てずつまみ食いしてしまいそうです。

農家のお母さんの子育て
農家の子どもたちは野菜が好きなのかと尋ねると「畑では採って食べるけど、意外と家では食べない。畑でkぃや別を一玉食べたことがある」と深見麻衣さん。子どもながらに、一番美味しいタイミングを知ってるからだそうで、なんともうらやましい!
そして、まさに今、わが子の離乳食に悩んでいる私に、櫛本有紀さんがこんなアドバイスをくれました。
「新鮮な野菜を薄味のお出汁で茹でて、素材の味を引き出して、水ナスのペーストはつくるのも簡単だし、赤ちゃんも甘くてパクパク食べるよ」と、さすがお母さん!
作物や貴セtう、天候によって仕事の内容やボリュームが異なる、待ったなしの農作業。時には早朝なら明け方までかかることもあるそうで…。
そんなときは母業を一人でがんばらざるを得ません。
小さい子どもがいる西阪絢さんは「外にはあまり出ずに9~17時で袋詰めなど、主に室内作業を担当してます」。とはいえ野菜を洗ったり束ねたりする出荷準備に事務作業、家事や子どもの送迎もあるといいますから、想像を超える忙しさでしょう。
「農家に嫁ぎ、野菜を育てるのに想像以上に時間と手間がかかることを知った」「子どもが美味しく食べられるようにがんばりたい」「休みがないとか大変とか思われているけれど、就農者を増やせるよう農業のイメージを変えていきたい」と、それぞれの熱い思いを聞きました。
5人が口をそろえて語った夢は、「畑のことを心配せず、ゆっくり旅に出たい」でした。
毎日の食卓では当たり前に美味しい野菜をいただいている私ですが、これからはもっと農業に携わる方々に思いを馳せたいと思いました。

取材を終えて
農業の知識も経験もないのに大丈夫>と不安でしたが、同じ「お母さん」ということでやさしく迎えていただき、共感もいっぱいありました。野菜を育てることは子育てと同じ。愛情が大切ということも知りました。農業の大変さは伝えたいけれど、農業をい志す人を増やすには農業の楽しさやすばらしさも伝えないと…と表現が難しかったです。教えていただいた水ナスの離乳食、早速つくってみました!美味しくて息子もいっぱい食べてくれました。

<イベント情報>お母さん農家に教わる野菜との上手な付き合いかた~親子ピクルス教室~
地元野菜の美味しさを、お母さんと子どもたちに知ってほしい…「あぐりね泉州」の初食育イベント。野菜の保存や使い切り方など農家の奥さんならではの、ためになる話もいっぱい。野菜販売もあります。
○日時/8月24日(土)13~15時(3回開催)
①13時~13時30分
②13時45分~14時15分
③14時30分~15時
○場所/無印良品イオンモール堺北花田
○対象/小学生以下の親子
○定員/各回6組
○参加費/1組500円
○申込み/事前申込制(無印良品イオンモール堺北花田ホームページ、公式アプリMUJIpassportから申込受付中)

長谷川文記者のレポート
農家のお母さんに会いに行く!in貝塚
農家のお母さんに会いに行く!インタビュー編
水茄子の離乳食

(大阪版VOL.18 2019年8月号)
大阪版