多くの人の手で育つ幸せ

今の私は、息子をかわいいと感じますが、
生まれて2週間、決してかわいいとは思えませんでした。

赤ちゃんは泣くものだと分かっていましたが、想像以上。
大きな声で泣き続けることに驚きました。

産後は身も心もボロボロ。何も感じない、何も考えられない極限状態。
ただ、この命を守りたいという覚悟だけ。辛い時間を耐え過ごし、1週間健診の日、再入院しました。

入院中、赤ちゃんを看護師さんに預けて薬を飲み、休むことへの後ろめたさがありました。
けれども看護師さんは、「多くの人の手で育つこの子は、より所がひとつではなくて、
たくさん安心するところを持って育つのよ。それは、この子にとって幸せよ」と話してくれました。

おかげで人の助けを得ることの大切さを知りました。産院で身も心も救われ、
後ろめたい気持ちも消え、眠れるように。体力が戻ると、しっかり食べられるようにもなりました。
そして、息子をたくさん抱っこすることができ、愛しい気持ちがわいてくるのを感じました。

退院後の今も夜間は家族に預け、睡眠をとるようにしています。

毎日アップデートしていく小さな変化に気づくと、うれしくて目を細め、
また見入ってしまいます。

息子の成長を目一杯感じながら生きることが楽しくてたまりません。

私が笑うと息子も笑う。笑えることが、これほど幸せだったと思ったことはありません。
これからも多くの助けを得ながら、この幸せを守りたいです。

(野中 花絵)

お母さん業界新聞ちっご版9月号 1面おっかしゃんリレーにて掲載

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。10歳、7歳、4歳のお母さん。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪